教育の平等は大変難しいテーマです

公教育においても、また金銭を支払って受ける私教育においても、教育は全ての子に平等でなければなりません。教えられる内容も平等ですし、相談を受ける時間だって平等でなければなりません。しかし、実際には地方によって教育環境の差がありますし、指導の能力の差は、隣のクラスとさえあります。教師が子どもの話を聞いてあげることにおいて、平等性が保てないと、子ども達は教師に反抗し、正常なクラス運営ができなくなります。不平等は、子ども達の最も不満となる要素です。これらの不平等の差をなるべく埋めるためには、自治体の努力によって教育機器を整備したり、少人数クラスを設定したり、教員の研修をしっかり行ったり、管理職に適切な教育課程を計画・運営させなければなりません。お金や時間と手間がかかる話ですが、何としてもこの平等性を保たなければ、公の教育とは言いがたいですし、私教育の授業料が適切な運用をされていないことになります。